嘔吐してしまった衣類の対処は

体調不良・乗り物酔い・飲み過ぎ食べ過ぎなどなど、事前にトイレなどに行けた時は良いですが、なかなかそうもいかず衣類に嘔吐してしまうこともありますよね。

お家でお洗濯出来る衣類であれば、吐しゃ物を取り除いてから洗えば良いのですが、お家で洗えない衣類だと対処に困ってしまいますよね。


①まずは、吐しゃ物をそっと取り除いて下さい。 この時、染みが広がるのを防ぐため、衣類をこすらないように気を付けて下さい。 

➁ポケットがある衣類はポケットの中身を確認し、ポケットを空にして下さい。

➂クリーニング店に連絡して嘔吐した衣類のクリーニングを依頼する旨を伝えて下さい。 クリーニング店から出す前に行って欲しい手順を伝えられた場合はそれを行って下さい。

➃クリーニングに出す時は、口を結べる袋に入れ、袋の口をしっかり結んだうえでクリーニングにお出し下さい。


垂水クリーニングでは、嘔吐後の衣類を受け付けさせて頂く場合には、コロナウィルスをはじめインフルエンザウイルスやノロ・ロタウイルス等のウイルスの感染拡大防止の観点から、ビニール手袋や眼鏡の着用し、店内用の新たなビニール袋に入れさせて頂く、または、お客様に入れて頂く場合がございます。

何卒、ご理解を頂きましてご協力のほど宜しくお願い申し上げます。


このような対応をさせて頂いたからといって、適当に取り扱うようなことは決してございませんのでご安心下さい。

コロナウィルスを含む様々な感染症ウイルスは、一定程度衣類に付着し、感染力もあるとされていますが、洗剤で洗ってしまえば、ウィルスは死滅してしまいます。

垂水クリーニングでは、ウイルスの死滅を目的として、まずは洗剤でサッと洗います。その時にポケットに何か入っていたら、ボールペン類だとインクの流れだし色が衣類に付いてしまったり、ティッシュペーパーなどの紙類だとモロモロと衣類に付いてしまうので、それを防ぐため、上記の➁をお願いしています。

ウイルスの死滅処理が終われば、そこから通常クリーニングと同じように丁寧にポケット掃除を行い、染抜きを行い通常クリーニングしていきます。


垂水クリーニングでは、嘔吐した衣類のクリーニングに関しましても、そのことでプラス料金を頂戴することはございませんので、安心してお気軽にお問合せ・お申し付け下さい。

お客様が気持ち良く袖を通せるように丁寧にクリーニングさせて頂きます。




「神戸市垂水区の垂水駅前、垂水商店街に立地。受付から検品・洗い・仕上げ・お渡しまでの全ての工程を自分の店舗で行う個人のクリーニング店(自社クリーニング・自家処理)です。垂水区全域・須磨区一部や西区一部で当店の車での集配対応、1枚から集配可能。その他の地域では宅配にて承っています。クリニック・薬局等の白衣クリーニング、大歓迎‼白衣のクリーニングは、1枚から集配無料、ご希望に合わせて集荷致します。カビ・シミ抜き・ボタン付け・ほつれ直しの無料対応。スーツ、シャツ、コート、ダウン、カシミヤ製品、アンゴラ製品、皮・毛皮・ブランド・高級ブランドのお洋服から、制服、ユニフォームや毛布、布団、羽毛布団、着物、浴衣まで幅広く対応し丁寧に仕上げます。クリーニング衣類の保管も無料で承っております。靴下・襟の汚れに強力に効くプロ仕様の業務用の棒洗剤「エネロクリーン」、部屋干しに最適‼生乾きのイヤな臭いが無い、匂いアレルギーやつわりで洗剤の匂いがダメな方にもおススメ、濃縮タイプで柔軟剤も配合されたオールインワンのオリジナル洗濯洗剤「Deoral(デオーラル)」なども販売中。春物クリーニング・夏物クリーニング・冬物クリーニング、季節ごとのクリーニングのこと、衣類のこと、洗濯のこと、洗剤のこと、保管のことならぜひ垂水クリーニングにお任せ下さい。」

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索